ABOUT39Geoplaとは

GPS・Wi-Fi・Beaconによる
位置情報サービスを提供

株式会社NTTドコモの技術に基づき、ジオフェンシングサービスの設計、アプリ開発、運営を支援します。
Beacon、Wi-Fi、GPSなどの位置情報連動機能を短い工数で
アプリに加える強力な開発環境キット(SDK)とプラットフォームをご提供します。

ジオフェンシングとは地図上にバーチャルなフェンスを設置する技術です。ユーザーがそのフェンスに対してのチェックイン/アウトを行ったことを判定することで、コンテンツや通知を自在に配信できます。

GPS:緯度経度とその半径から判定します Wi-Fi:Wi-FiのBSSID/SSIDを認識して判定します iBeacon:iBeaconの電波の検知とUUID、major.Minorの値で判定します
  • あらゆる場所で
    屋外・屋内・地下と場所を問わずチェックインを検知することが可能
    GPS・Wi-Fi・Beaconの主要規格を一元的に扱えるので、場所や把握したい範囲の大きさに合わせてジオフェンスを構築できます。
  • 国内最大規模
    全国15万ヵ所のdocomo Wi-Fiアクセスポイントをジオフェンスとして提供
    15万ヵ所のdocomo Wi-Fi、全国の主要駅のGPS情報など「人の集まる場所」がすでにジオフェンス化されているので、設備投資なしでサービス展開できます。
  • 優れた分析機能
    サービスの改善を支援する分析機能を提供
    生ログの提供のほか、チェックインのログから基本的な集計やヒートマップ、動線可視化等の分析機能を持った可視化ツールがご利用できます。
  • 容易なサービスイン
    SDKを組み込むだけで、すぐに多彩な位置情報機能が利用可能
    最短の工数でSDKのアプリ組み込みが可能なため、すぐにGPS・Wi-Fi・Beaconに対応した位置情報サービスをスタートできます。自社開発に比べ大幅にリソースが節減できます。

39Geoplaの機能

  • 01. ジオポイントへのチェックイン/アウト
    Beacon、Wi-Fi、GPSなどのジオポイントへのチェックイン/アウトのイベントを取得できます。
  • 02. 滞在時間の検出
    各ジオポイントへのチェックイン/アウト時間をSDKから取得することにより、滞在時間を把握できます。
  • 03. 一元的なログ管理
    Beacon、Wi-Fi、GPSを通じて、アプリ毎に共通のIDを使用してジオポイントを総合的に管理できます。そのため、ユーザーの動線分析が一元化され、可視化ツールによりデバイスの種別に依存しない分析が可能です。
  • 04. 位置連動型コンテンツ配信
    39GeoplaのSDKでチェックイン/チェックアウトを検知しアプリに通知することで、ジオフェンスに連動した通知やコンテンツの受信機能を自社で独自に開発する場合に比べて、遥かに少ない工数で簡単に実装することができます。
  • 05. 管理の容易なWebコンソール
    クラウドサービスを利用して管理サーバが設定されていますので、独自のWebコンソールからジオポイントの設定・管理・運用がどこからでも可能です。
  • 06. ローカルキャッシュ機能
    Beacon、Wi-Fi、GPSなどのジオポイント情報をアプリ側でキャッシュすることが可能ですので、多くのジオポイントへのチェックイン/アウトを高速かつスムーズに行うことができます。
  • 管理画面でデータを可視化
    蓄積されたログに基づいてユーザーの動線分析や流入解析、行動傾向などをWeb管理画面を通じて分析可視化することができます。
PAGE TOP