一瞬で動画が届く時代だから、あえてアナログなカードにこだわるサービス

旅先でスマホで撮影した写真をSNSでシェアしたりLINEやメールで送って、家族や友達に旅行の感動を伝えるのはいまや一般的。でも、今のように撮影した写真をリアルタイムに送る手段が無かったころ、活躍していたのは「絵葉書」でした。景色や建物、風物などの写真を旅先から送ることは、時にはしばらく疎遠になっていた交流を温めるきっかけにもなっていたのです。今回紹介するZEKKEI Postoは、位置情報を利用して、オリジナルのポストカードを簡単に作って送れるサービスです

「位置情報」で近くの絶景スポットにアクセス

ZEKKEI Postoで利用できるのは、外国人観光客向けに日本の風景や文化を写真で紹介するメディア「ZEKKEI JAPAN」で提供される絶景写真。写真ストックサービス「アフロ」による、高品質で美しい写真が売りのサイトです。

使い方は簡単で、サービスを提供しているエリアでサイトにアクセスして「現在地周辺のポストカードをつくる」をタップするだけ。スマートフォンの位置情報を基に、周辺の絶景スポットのリストが表示されるので、場所を選択して、ポストカードにしたい写真を選びます。

土産物屋さんで売っている絵葉書は当然その土地の風景や街並みがうつっていますが、スマホでアクセスするサイトは世界中どこからでも同じものが見られます。でも「位置情報」を使ってあえて見せる情報を絞り込むことで、「その土地にある写真」だけを見せるという新しい楽しみ方です。

ポストカードの表面(宛名などを書く面)には、自分が撮影した写真を入れることができます。写真を選び、差出人と受取人の名前を入力するだけで、オリジナルポストカードを送ることができます。訪日外国人向けのサイトだけあって、国内だけでなく海外にも送ることができ、国内向けだとおよそ3日、海外だと4日から10日で届きます。

「一番の瞬間」を切り取る写真の魅力

ZEKEI Postoのもう一つの魅力は、その土地の「いちばんの瞬間」が切り取られた写真が詰まっていること。どんな観光地でも、その場所の魅力を満喫できる時間は限られます。分かりやすい例をあげると、「夕日がきれいな海岸線」も、たまたま訪れた時刻が夕方で、天気が良いという条件が満たされなければ、その本当の美しさを見ることはできません。

ZEKKEI Japanで紹介されているのは、そうした条件をクリアして、夕日の名所なら夕日の、花の名所ならその花が一番美しく咲く時の、祭であれば人々が集まり一番盛り上がる瞬間の写真です。その場で自分が撮った写真と、その土地の一番美しい瞬間の写真が1枚のポストカードの裏表になることで、その場所に自分がいたという確かな記録になります。その場所の魅力が伝わる写真なので、受け取った人もイメージが膨みます。

「位置情報」+「ポストカード」でさまざまなサービスを提供

ZEKKEI Postoを提供するハピログは、「位置情報」+「ポストカード」でこれまでにもユニークなサービスを提供しています。2017年春、期間限定で立山黒部アルペンルート雪の大谷の来場者を対象に提供したオリジナルポストカードサービスでは、来場者限定で利用できる地域限定テンプレートに、スマホで撮影した写真、日付、当日の天候情報などがレイアウトされたオリジナルポストカードを作成し、クレジットカード決済で郵送できるサービスを提供していました。

これらのオンラインポストカードサービスは、ハピログが開発したposto.toというオンラインポストカードサービスプラットフォームです。位置情報をキーとして観光地や観光施設をメディア化することで、その場所を訪れる観光客に対して情報を提供したり、逆に観光客の情報を収集するプラットフォームとして設計されています。

posto.toでは、テンプレートを選んでポストカードを作成するプロセスの途中で、アンケートを実施したり、情報を表示することができます。つまり、「その場所に来た人」限定でコミュニケーションするためのメディアとして機能するのです。来場者への満足度アンケートに活用したり、ポストカードのフレームにご当地キャラクターをあしらったり、施設案内を表示したりなど、さまざまな活用が考えられます。

今、ここで撮影した写真が、一瞬で世界のどこにいる人ともシェアできる時代だからこそ、旅先から時間をかけて手で触れる写真が届くポストカードは、かえって新鮮です。年賀状やクリスマスカードの文化がなくならないのも、人はどこかで「手に取れるメッセージ」を求めているからかもしれません。「旅」と「位置情報」と「ポストカード」、3つを重ねた新しいサービスが楽しめる観光地が増えればいいなと思います。

【関連情報】
スマホから送る絶景ポストカード「ZEKKEI Posto」を全国で提供開始
位置限定オンラインポストカードサービスを立山黒部アルペンルートで4月29日より提供開始

リアルタイム運行状況、他社連携…鉄道アプリがものすごく進化してた

電車移動が多いなら、ぜひ活用したいのが鉄道各社の提供する公式アプリ。時刻表や路線図が見られるだけでなく、リアルタイムでの情報配信が充実しています。

運行状況表示は列車のリアルタイム位置情報で把握

駅のホームで「電車が遅れています」というアナウンスが聞こえても、ホームの電光掲示板に表示されるのは「●分遅延しています」という情報だけ。知りたいのは「あと何分で乗りたい電車が来るのか」「乗った後どのくらいで目的地に着くのか」ということなのに…ということ、よくあります。

リアルタイムの運行表示を実装する鉄道公式アプリが増えています。JR東日本アプリは、山手線や中央線などの首都圏近郊路線だけでなく、JR東日本管内の48路線の現在地を路線図上でほぼリアルタイムに表示します。表示される列車をタップすると、それぞれの列車の行先とこの先の到着予測時刻も分かります。まさに列車遅延時に知りたい情報がかゆいところに手が届くように分かります。

JR東日本アプリ 新幹線位置情報(報道発表資料より)

もちろん遅延証明書の発行にもアプリで対応。「電車の遅延証明書を取るためにただでも遅れているのにさらに遅れる」なんなんてことが昔はあったのを思い出しましたが、今は便利になりました。東京メトロや東急電鉄のアプリも、リアルタイム運行状況表示に対応しています。

JR以外の路線にも対応する乗り換え案内

JR東日本アプリで便利なのが、「乗り換え案内」機能です。検索結果はJRだけでなく私鉄や地下鉄も含まれるので、普通に乗り換え案内アプリとして使えます。JR東日本エリア内のJR路線であれば、乗り換え案内の画面からそのまま現在の運行状況を見ることもできます。本当に表示された通りの時間で到着できるのかも確認できるのはとても便利です。

改善して欲しいのは、乗り換え案内画面から運行状況を見た後、戻ろうとするとアプリのホーム画面に戻ってしまうこと。リアルタイムで情報取得するために通信しなおしているのだと思うのですが、もう少しここは使い勝手の改善を期待したいところです。

ちなみにエリアは全国に対応しており、JRだけでなく私鉄も対応しています。例えば大阪から京都の阪急嵐山までの経路は、「大阪から高槻までJR→乗り換えて阪急電鉄高槻市駅から桂経由で嵐山」「大阪から梅田まで歩いて阪急京都線に乗り、桂経由で嵐山」の2つが提案される、関西出身の筆者も納得の結果でした。出張や旅行もこれでカバーできます。

快適に乗るために「混雑」状況を見える化

電車に乗る時もう一つ気になるのが「混雑」の状況。できれば空いた車両に乗りたいものです。JR東日本アプリでは、山手線車内の車両ごとの気温と混雑度がリアルタイムで表示されます。次に来る列車の空いている車両がどこかを調べたり、目の前の電車が混んでいる時に「次はすぐ来るのか、空いているのか」を調べることができます。

山手線の運行状況とあわせて、車両ごとの気温と混雑状況がリアルタイムに分かる(報道発表資料より)

東急線アプリの「駅視-Vision」は、駅の改札口近辺の混雑状況を約1分おきに画像で配信しています。カメラ画像をそのまま配信するのではなく、プライバシーに配慮して、画像解析技術により「止まっている人」「動いている人」を写真から判定してアイコン化し、混雑度と一緒に表示します。

東急の駅視-Vision。駅改札近辺にどのくらい人がいるかが分かる(報道発表資料より)

事故で電車が止まると駅に入れないほど人が滞留することがありますが、アプリで確認できれば「駅に行っても電車に乗れないからバスで迂回しよう」といった判断ができます。ちなみに東急線アプリは、電車だけでなく東急バスの運行情報も配信しています。、鉄道駅を起点に検索できるので、普段あまりバスを利用しない人でもスムーズにバスを探すことができます。

JR・東急・東京メトロのアプリが連携

便利なリアルタイム列車位置情報ですが、各社の公式アプリはそれぞれ自社の列車の情報を提供しています。つまり、JR東日本から地下鉄に乗り換える場合、JR東日本アプリで運行状況を確認してから、東京メトロアプリを起動して、そちらの運行状況を確認する必要がありました。そんな小さな不便を解消してくれるのが、JR・東急・東京メトロのアプリ連携です。アプリ内から他社路線を選択すると、アプリが切り替わります。これだけでアプリの使い勝手が各段に向上します。

東京メトロアプリからJR東日本アプリ、東横線アプリへの連携(報道発表資料より)

使いこなすほど便利そうな鉄道アプリ、ジオフェンスでエキナカのお店の情報がプッシュ配信されると、さらに楽しさが加わりそうですね。駅構内のベーカリーで、パンの焼き上がり情報が配信されたら、思わず途中下車して買いに行ってしまいそうです。また、駅や電車の混雑度合いに合わせて近所のカフェのクーポンがプッシュ配信配信されたりすると、「カフェで一休みしてから電車に乗ろう」と思う人が増えて、少し混雑が緩和されるかもしれませんね。

 

【参照情報】
JR東日本アプリ
東京メトロ公式アプリ
東急線アプリ
駅構内カメラ画像配信“駅視-vision(エキシビジョン)”新たに4駅を配信開始!
「JR東日本アプリ」での情報提供がさらに充実します
JR東日本・東京メトロ・東急電鉄のスマートフォンアプリ連携を開始します
列車まわり、ぜーんぶおまかせ。3月 10 日、「JR東日本アプリ」デビュー! 

 

39Geoplaについてのお問合せはお気軽にこちらから!

https://39geopla.net/contact/

ブログ更新や39Geoplaイベントをお知らせするメールマガジンも、
↑↑↑のリンクから「メールマガジン配信希望」と記入してどうぞ!

ここはどこ?土地勘が無い場所でも的確にガイドしてもらえる遠隔コンシェルジュが便利!

「今いる場所」を説明するのって、難しい
突然ですが、あなたは今いる場所の住所を正確に言えますか?自宅や勤務先などであれば住所を覚えていても、旅先で足をとめたカフェや観光スポットなど、「今いる場所」の住所がわからないことは少なくありません。

「現在地から10分以内に行けるランチスポット」「今から1時間の空き時間に楽しめる観光スポット」など、「今いる場所」を起点にして何かをしたいと思った時、検索は案外役に立ちません。GPSなどを基準にして、現在地から半径500m以内、といった検索はできても、実際に知りたいのは「そこに行くまでどのくらい時間がかかるのか」という情報なので、土地勘が無いところではなかなか困難です。

観光案内所や宿泊しているホテルのコンシェルジュに電話をかけて相談しようにも、「今いる場所」を正確に伝えることができなくては難しいでしょう。「住所が分からなくても『今いる場所』の近くのおすすめ情報を人に聞きたい」そんなサービスを実現してくれそうなのが、スピンシェル株式会社の遠隔コミュニケーションツール「LiveCall(ライブコール)」に追加された遠隔対面コンシェルジュ機能です。

位置情報を送信して「ここから行ける場所」の情報を得る

LiveCallは、ブラウザやアプリを通してカスタマーがオペレーターとビデオ・音声通話、チャットなどで会話できる遠隔コミュニケーションツールで、企業のカスタマーサポートなどで活用されています。最近は、遠隔医療分野でも応用されています。

遠隔対面コンシェルジュ機能は、通話時に、カスタマーの位置情報を合わせて取得し、オペレーターに送信します。オペレーターの画面では、カスタマーの現在地が地図上に表示され、通話開始前に所在を把握できます。カスタマーが自分のいる場所を伝えられなくても、「その場所」を起点にした的確な案内が可能になります。特におすすめしたい場所をデータベースに登録できるので、イベントへの集客や地域活性化にも活用できます。

 

オペレーター画面:受電時にカスタマーの現在地を検知し住所情報と共にマップを表示

また、日本語が分からない訪日外国人にとって、現在地を正しく把握し説明するのは、日本語が分かる私達よりもずっと困難です。オペレーター側で位置情報を確認できるコンシェルジュサービスの需要は高いと思われます。

カスタマーごとにオリジナルガイドブックを作成

LiveCallの遠隔対面コンシェルジュ機能は、複数のおすすめスポットを一つにまとめて、カスタマー専用のオリジナルガイドブックを作成できます。作成したガイドブックには専用URLが発行され、カスタマーはビデオ通話終了後も簡単に参照することができます。

オペレーター画面:おすすめスポットをまとめてカスタマーに送信できる。

スピンシェルは、旅行・宿泊サービス事業者との協業をとおして、遠隔対面コンシェルジュ機能を活用したコンシェルジュサービスを展開していく予定です。

遠隔対面コンシェルジュとジオフェンスサービスが連携すればもっと便利に

遠隔対面コンシェルジュサービスとジオフェンスサービスが連携したら、もっとさまざまなことが可能になります。例えば、オリジナルガイドブックに掲載された観光スポットやお店に近づいた時に通知が届いたり、クーポンが届いたらとても嬉しいですね。

また、案内サービスを提供する側にとっても、案内した場所に実際に行ったのか、買い物をしたのかなどがトラッキングできるので、データを蓄積することでより的確なガイドができるようになります。「おもてなしアプリ」として組み込むのに、この2つ、とても相性が良さそうですね。

【参照情報】
LiveCallが訪日観光客らの位置情報をリアルタイムに活用した遠隔対面コンシェルジュ機能を発表

 

 

39Geoplaについてのお問合せはお気軽にこちらから!

https://39geopla.net/contact/

ブログ更新や39Geoplaイベントをお知らせするメールマガジンも、
↑↑↑のリンクから「メールマガジン配信希望」と記入してどうぞ!

位置情報管理サービスからブランド情報管理サービスに―Yextが成長した理由

2017年7月、日本に上陸したYext。米国ではFedexやUberも利用している「位置情報管理サービス」の会社だと報じたメディアが多かったのですが、実はそれだけではありません。位置情報の可能性を広げるサービスだと感じたので、ご紹介します。

検索のされ方が変化している

2006年、Yextの創業時に提供していたのは、地図の上に顧客のビジネスを表示するサービスでした。しかし、検索エンジンだけでなくSNSや口コミサイト、カーナビ、音声入力など、ユーザーが情報を探すための入り口がどんどん増えてきました。

企業が自社の所在地やサービスの内容、営業時間、ブランドメッセージなどの情報をウェブサイトに掲載するのは当然です。しかし、自社の情報は自社サイト以外の場所にもあふれています。

例えば、Google検索で会社の名前を入力すると、キーワード検索に基づくリストだけでなく、検索結果として位置情報に基づく最寄りの店舗情報が表示されます。ソーシャルメディアのレビューやブログの記事などの外部サイトにも自社の情報はあふれており、検索エンジンではそれら外部サイトの情報が自社サイトの情報よりも上位に表示されることは珍しくないし、外部サイトの情報は自社サイトの情報の2.7倍見られているという調査結果もあります。

ここで問題になるのが、外部サイトの情報の正確性です。自社サイトの情報は正しくコントロールできますが、外部サイトに掲載されている情報を常に正しく保つことは困難です。店の住所が古かったり、営業時間が変更になっていたりすると、それは機会損失に直結します。自社の情報が自社サイト以外の場所に拡散することは、良いことでもあり、リスクでもあるのです。

サイトを横断して情報を正しく保つ

このような背景の元、Yextは位置情報管理サービスから企業とさまざまなサイトの間をつなぎ、インターネット上で提供される自社に関する情報を管理するサービスへと成長しました。

Yextでは情報を提供するサービスを「データ・パブリッシャー(以下パブリッシャー)」と呼んでいます。検索エンジンやSNSや口コミサイトなどのコンテンツを提供するサイトだけでなく、SiriやGoogle Homeのような音声検索を使うインテリジェント・サービスも含まれます。

Yextが用意した大きなデータベースに企業が自社に関するさまざまな情報を登録すると、Yextはその情報をパブリッシャーに伝達し、パブリッシャーが提供する情報を更新します。古かったり、誤った情報が登録されていたり、多重登録されている情報は訂正し、一つにまとめます。また、外部サイトに掲載されている口コミ情報なども把握でき、リアクションを返すこともできます(海外では大変評判がよく、多くの企業で活用されている機能だそうです)。

情報の更新は、Yextが用意するウェブインターフェイスからも、API連携により社内システムを利用することも簡単です。企業内部の業務システムに登録された住所などの情報をそのまま連携できるので、わざわざ外部に公開するために仕事を増やす必要はありません。また、SEO対策により検索エンジンの上位にインデックスされやすい構造のページや、多言語対応を提供するオプションも用意されています。

100以上のサービスがYextの情報を提供

どんなことができるのかを、例を挙げて説明しましょう。お店の営業時間を変更したら、Yextのデータベースを書き換えるだけで、自店のサイトだけでなくFacebookページの店舗情報も、ローカルコミュニティのFacebookグループの情報も、GoogleMapに表示される店舗の営業時間も、Googleマップの店舗情報も、カーナビに表示される地図の情報も、Siriの応答も、即座に更新されるのです。ハロウィン用特別メニューも、写真をYextにアップしたら、すべての外部サイトに反映されます。

結果的に、検索結果として表示されるさまざまなサイトに掲載される情報を、常に最新で正確に保つことができるのです。パブリッシャーから見ても、Yextを利用することで、自分で情報のメンテナンスをする必要がなく、常に最新情報を提供できるメリットがあります。パブリッシャーがYextに接続するための費用はかからず、Google、Facebookをはじめ、100以上のパブリッシャーがYextとデータを連携しています。

ユーザーには見えない仕組みで新しいサービスを可能に

とはいえ、Yextのサービスの鍵になるのは位置情報であることは間違いありません。人が行動する時、「場所」を切り離すことはできません。情報を検索した人がYextの存在を意識することはありませんが、さまざまなサービスで、正しい位置情報と一緒に正しい情報が表示される、その仕組みを支えているのです。

2017年夏、日本進出を発表したYextは、現在国内パブリッシャーおよび新規顧客の開拓を進めています。Yext経由で情報を提供したい企業の利用価格は最も安いパッケージの場合1店舗あたり月額1200円程度と、小規模なお店でも利用しやすい金額を想定しているそうです。

Yextと39Geoplaがもし連携すると、キャンペーン情報や新商品情報などのきめ細かくタイムリーな情報の配信が、より手軽にできそうです。また、SNSや口コミサイトの情報と連動して店の近くまで来た人に情報をプッシュする仕組みなど、新しいサービスも考えられそうです。

<参照情報>
Yext

画像提供:株式会社Yext(イエクスト)

 

39Geoplaについてのお問合せはお気軽にこちらから!

https://39geopla.net/contact/

ブログ更新や39Geoplaイベントをお知らせするメールマガジンも、
↑↑↑のリンクから「メールマガジン配信希望」と記入してどうぞ!